若返りたい方のためのサプリとっておき情報館

――― 体の中から輝くための若返りサプリをご案内" ―――

若返りサプリおすすめランキング発表!
女性偏 男性偏
HOME » 若さをキープ!注目のアンチエイジング成分 » イソフラボン

イソフラボン

イソフラボンとは、植物に含まれるポリフェノールの一種で、フラボノイド系に属する色素成分です。

イソフラボンの効果

ポリフェノールは強力な抗酸化作用をもつことでしられています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしていて、効果も近いものがあるため、更年期障害、生理不順、骨粗しょう症などの改善に効果があるといわれています。

男性の場合は前立腺がんの予防にも効果があるといわれており、女性だけでなく男性にも有効な成分といえます。

更年期障害の緩和

年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少し、その結果、自律神経が乱れてしまうことで、のぼせやイライラなど更年期障害特有の症状が出てきます。

イソフラボンは女性ホルモンほど強い作用を持つわけではありませんが、摂取していれば血液中のフラボン濃度が維持され、女性ホルモンを助ける役割をします。

そのため、ホルモンバランスが崩れることで起こる更年期障害の改善に役立つといわれています。

骨粗しょう症予防

骨は絶えず破壊と形成をバランスよく行い若い丈夫な骨と保っています。しかし骨が壊される量より、骨が作られる量が下回ってしまうと、骨代謝のバランスが崩れてしまい、骨がもろくなります。これを骨粗しょう症といいます。

女性ホルモンは骨にカルシウムを沈着するのを助ける役割があり、閉経後は女性ホルモンの分泌が激減するため、骨からカルシウムがどんどん溶け出して、骨がスカスカになってしまいます。

イソフラボンはこの骨代謝のバランスを保つのに役立っています。

乳がん、前立腺がんの予防

乳がんはエストロゲンが多い状態で発症しやすくなります。乳腺組織はエストロゲンによって増殖が促進されるため、乳腺にできてしまったガンの増殖も促してしまうためです。

イソフラボンはエストロゲンが多い場合は抗エストロゲン作用を発揮します。そのためエストロゲン依存の乳がんの予防に役立つと言われています。

また、前立腺がんも男性ホルモンであるテストステロンに影響されて増殖します。

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンは、血中のテストステロンを下げたり、発がんに関わるチロシンキナーゼの作用や血管新生を阻害したりすることで、前立腺がんを予防するということが、多くの実験研究で報告されています。

効果的な摂取方法

イソフラボンは大豆製品である、豆腐や味噌、納豆から摂取するのが一番です。食事だけで必要量をとるのが理想的ですがなかなかそうもいきません。

その場合はサプリメントをプラスしてとることになります。ただし、その場合は1日量30mgといわれています。

コンテンツ一覧ALLCONTENTS
 
PAGETOP